キーワード検索

ホーム 体験談 赤ちゃんの洋服選びのポイント(新生児〜3ヶ月)

赤ちゃんの洋服選びのポイント(新生児〜3ヶ月)

赤ちゃんの洋服選びのポイント(新生児〜3ヶ月)

こんにちは☺️
最近はネットで子供服を見てはニヤニヤしているゆいママです。

赤ちゃんの洋服にも色々種類があって選ぶのは楽しいですが、特に初めての出産前だと何をどれくらい用意したらいいかわからないですよね。
そこで今回は、新生児〜3ヶ月ぐらいまでの洋服を選ぶときに知っておきたいポイントを紹介したいと思います。

サイズ

赤ちゃんの洋服で一番小さいサイズは新生児用として50センチからが一般的です。
これは赤ちゃんの身長を表したもので、生まれた赤ちゃんによって60センチや70センチを選びますが、身長は3ヶ月で10センチ伸びると言われているので、それを想定して少し大きめを用意しておけば比較的長く着れます。

ここで注意したいのが同じ50センチでもブランドや商品によってサイズが違うことです。
ゆいPも頂いた洋服などで表示サイズは大きいはずなのにぴったりなものがあってびっくりしました。

素材

赤ちゃん用の洋服は綿100パーセントのものがほとんどで、吸湿性や通気性もいいので一年を通して着られるものが多いです。
ただ、同じ綿素材でも厚さや伸縮性が織り方によって変わってくるので、季節によって選びましょう。

肌着

写真は左がコンビ肌着、右が短肌着

肌着には短肌着・長肌着・コンビ肌着があり、いずれも着物のように紐で結んで前を合わせて着せます。
時期にもよりますがゆいPが産まれたときはまだ寒い日もあったので、保湿性がアップし調整も可能な短肌着とコンビ肌着を組み合わせて着ていました。
また、長肌着とコンビ肌着は足まですっぽり隠れて暖かいのと何よりおむつ替えが楽です。

肌着は、縫い目や品質表示のタグが赤ちゃんの肌に触れないように外側にくるので着せるとき注意しましょう。

足もとの形

写真は左がドレスオール、右がカバーオールにしたときの2WAYタイプの服

足もとの形にはドレスオールとカバーオールがあり、さらにどちらの形にも利用できる2WAYタイプもあります。

オムツ替えが多い新生児のうちは、めくったらすぐにオムツを替えられるドレスオールがとにかく楽でした。
ただ、足をバタバタさせるようになってからは、お腹やお尻が出てしまったりが心配なのでカバーオールを着せることが多くなりました。
このように成長によって服のタイプを変えたいときに便利なのが2WAYタイプ、最初はドレスオールと使い、途中からカバーオールとして使うことができるのでとても便利です。


わたしの個人的な感想としては、各種肌着を5枚ぐらいとそこまで外出しないのであればロンパースを2,3枚用意しておけば十分な気がします。
もし必要になっても今はネットなどで簡単に買い足すこともできますし、それらをセットで売っているところも多いので上手く活用してみてください。

ページの先頭へ