キーワード検索

ホーム 体験談 保育園が決まりました!

保育園が決まりました!

保育園が決まりました!

こんにちは☺️
花粉症がひどくて寝不足気味なゆいママです😂
朝起きてからもクシャミが止まらず本当に不快です💦

さて、最近我が家にとって大きなニュースがあり、ゆいPが2021年4月から保育園に通えることになりました⤴︎⤴︎✨
2020年夏頃(ゆいPが6ヶ月ぐらい)から保育園に入園希望を出していましたが、ずーーーっと定員オーバーで落ち続けていて、今回やっと入園決定通知を受けとりました。

そこで今回は、わたしがしていた保活についてまとめてみたいと思います。
あくまでわたしが行ったことであるのと地域によって異なる点もあるとは思いますが、特にこれから保活を考えている方に少しでも参考になればと思います。

保活の開始時期

わたしの場合は、ゆいPが9ヶ月頃になったら離乳食の3回食にも慣れて1日のリズムも整ってくる時期で保育園に通えるかなぁと漠然と考えていました。
また、周りの話を聞いていると入園希望を出しても2, 3ヶ月ぐらいは待つ可能性が全然あるのを聞いていたので、それも踏まえてゆいPが5ヶ月頃から少しずつ情報収集を始めました。

具体的にやったこと

1. まずは市役所に行き待機児童の状況、申請方法の確認

住んでいる地域によっては、ある程度の情報がホームページに掲載されていると思いますが、わたしが住んでいる地域の場合では市役所に問い合わせたところ直接きてくださいと言われました💦
なので、事前に聞きたいことをメモして不明点がなくなるようしっかり準備していきました。

2. 区内の保育園の情報を集める(ホームページやお友達ママに聞く)

ゆいPが産まれるまでは全く近隣の保育園のことなど気にしていませんでしたが、いざ情報を集めてみると保育園によって様々です。
最近ではほとんどの園が1日の園児のスケジュールや行事の案内などをホームページで確認することができるのでチェックしたり、あとはお友達ママから聞いたことを参考にして、我が家にあった保育園をピックアップしていきました。

また、我が家は共働きでお休みの日も重なるのは日曜日だけで、わたしもパパも簡単に休みを取るのが難しいです。
なので、親が参加する行事が多かったり、持ち回りで役員を決めて行事を行う園などは希望から外しました。

3. 自宅から近いところや候補の園に見学に行く

園に見学に行く際も質問事項をまとめて行きました。
コロナで緊急事態宣言が出ている時期などは少し悩みましたが、園によってはリモートで説明をしてくれたり園内風景を見せてくれたところもあってとても助かりました。

4. 申込に必要な書類を用意する

保育園の申請に必要な書類は自分が記入する書類だけではなく、就業証明書など働いている証明書は会社に記入をお願いしなければいけません。
我が家の場合は共働きなので夫婦2人分が必要になり、郵送でのやりとりになることや催促しづらい相手ということもあり揃えるのに時間がかかりました。
なので、用意に時間がかかりそうな書類があるかは前もってチェックしておくのがオススメです。

保育園見学チェックリスト

園庭の有無・園内の清潔さ・お散歩のコース・延長保育の状況などなど、細かいことを言えばキリがありませんが💦笑 。。。保育園を見学させてもらう際、わたしが特に重要視していた点をいくつかご紹介します。
ある程度妥協が必要なこともありますが、入園が決まればほぼ毎日のことになるのでしっかり確認しました。

駐輪場や駐車場のスペース

近隣であれば徒歩での登園も可能ですが、距離がある場合や雨の日などは自転車や車を使うこともあります。
特に車で登園してそのまま出勤を考えている場合、駐車スペースが少ないと順番待ちになり就業時間に間に合わなくなってしまうので、どれぐらいスペースがあるかはチェックしました。

園の方針

保育時間の子供の様子を確認できたりお迎えの予定時間と誰がお迎えに行くかなど細かくアプリで管理している、外国人の保育士さんが常駐して英会話を教えてくれる、畑を借りていて食育に力を入れているなど、方針や設備などが園によって本当に様々でした。
我が家の場合は夫婦どちらも送り迎えに行く場合が多いと思うので、アプリでの管理は助かるなぁと思いました。

園内調理

わたしが見学に行った園は全て園内調理が行われていて、幼児クラスになっても主食のみ持参の園です。
ゆいPは鶏卵アレルギーがあるためアレルギー対応の食事が出るかはすべての園で確認しましたが、3大アレルギー(鶏卵・牛乳・小麦)は完全除去の給食を出している園や、アレルギーがある園児には除去した食事を出している園もありました。
また、哺乳瓶や食器の保管、洗浄するスポンジまでも使い分けを徹底しているところもあり驚きました。

毎日の持ち物

手作りしなければいけない物や毎日の持ち物を確認しました。
特に歩いて登園する場合は荷物が多いと大変ですし、園によっては毎日の着替えの量やお昼寝用の布団の有無なども違いがあったので、あらかじめ確認しておいた方が良いと思います。

見学することでわかったこと

わたしが住んでいる地域の場合「どこに通いたいか」ではなく「どこの園に入れるか」という状況なので、優先順位を決めて最低限の項目がクリアできれば申請を出していました。
ただ、実際に見学に行った保育園で、あらかじめ調べていた条件としては上位だったけど希望から外した保育園もありました。

その理由は、先生方の雰囲気です。

園児も先生方も明るく笑顔で挨拶してくれた保育園がほとんどでしたが、すれ違う時も無言だったり、説明を受けている隣の机で食事を摂っていたり、とてもお忙しい職場だと思いますが説明も充分に受けられなかったり。。。といった保育園がありました。

実際に見学に行ってみないとわからないことは多くあるので、今後保活を行う方にはしっかり見学に行くことをオススメします。


今回わたしは区内外合わせて21の保育園に希望を出して、2次募集まで待ちなんとか第2希望の園に入れることになりました。
保活を始める前は待っても2,3ヶ月程度だろうと思っていたのですが、実際には半年以上かかって本当に大変でした。。。

4月入園が叶わなかった方も、これから保活を始める方も本当にお疲れ様です😭

住んでいる地域によって大きく変わることもあるかと思いますし、あくまでわたしの体験や考えを基準にしていますが、特にこれから保活を始める方の参考に少しでもなれば嬉しいです♡

ページの先頭へ