キーワード検索

ホーム 体験談 フォローアップミルク始めました🍼

フォローアップミルク始めました🍼

フォローアップミルク始めました🍼

こんにちは☺️
最近鼻がムズムズすることが多く花粉を感じ始めているゆいママです💦
去年は授乳中で薬を飲むのをためらっていたので、今年は上手に利用していこうと思います😂

さて、ゆいPももう11ヶ月になりますが、先月からいつも飲んでいた育児用ミルクの「ほほえみ」を卒業してフォローアップミルクに変えました。
育児用ミルクの卒業後はすぐに牛乳という方も多いみたいで少し悩みましたが、検診をお願いしている病院やお友達ママからオススメされたこともあり、我が家もフォローアップミルクを使うことにしました。

ひとまず今は大体のお店で買える点とお友達ママも飲ませている点で「つよいこ」を飲ませています。
味なども問題ないようでゆいPも変わらず飲んでいますが、成分などの違いが気になり調べてみたので、今回はフォローアップミルクについて紹介したいと思います。

フォローアップミルクとは

離乳食では摂りきれない栄養を補うミルクで、母乳の代わりになる育児用ミルクとは全く別タイプのミルクになります。

位置付け的には牛乳の代用品で、牛乳では補えない鉄分や鉄分の吸収を高めるためのビタミンなどが入っています。
牛乳には鉄分がほとんど含まれておらず鉄欠乏性貧血になる恐れがあることから1歳までは推奨されておらず、その代わりにフォローアップミルクを使うのが推奨されています。

また、フォローアップミルクはミルクとして飲ませるだけでなく、料理に混ぜることで栄養摂取をサポートする使い方もできます。
メーカーサイトなどでもレシピを公開しているので、興味ある方は調べてみてください☺️

飲み始めるタイミングは?

メーカーによっては1歳からとなっていますが、わたしが気になって調べたものは半分以上が9ヶ月からとなっていて、ゆいPの飲んでいる「つよいこ」も9ヶ月からと記載されています。

これは9ヶ月以降になると母乳に含まれる鉄分量がぐんと減るのが関係しています。
特におっぱいが好きな赤ちゃんの場合は鉄分不足により鉄欠乏性貧血が見られるそうで、その状態が3ヶ月以上続くと脳の発達にも影響が出ると言われています。

フォローアップミルク 商品紹介

フォローアップミルクにも種類があり推奨月齢や成分にも違いがあるので、個人的に気になって調べたものを簡単にですが紹介したいと思います。

【雪印ビーンスターク】 つよいこ

【雪印ビーンスターク】 つよいこ

[対象年齢] 満9ヶ月〜3歳頃
[内容量(大缶)] 800g
[特徴]
子どもに大切な栄養素をバランスよく配合。
牛乳では摂りにくいDHA・鉄・カルシウムを配合し、シアル酸やオリゴ糖も摂ることができます。

【グリコ】 アイクレオ

【グリコ】 アイクレオ

[対象年齢] 1歳〜3歳頃(9ヶ月頃からでも可)
[内容量(大缶)] 820g
[特徴]
幼児期に必要な鉄分量を1日に400mlでとれるよう調整。
成長に大切な栄養素ヌクレオチド、エゴマ油、βカロテン、ガラクトオリゴ糖を配合。

【和光堂】 ぐんぐん

【和光堂】 ぐんぐん

[対象年齢] 満9ヶ月〜3歳頃
[内容量(大缶)] 830g
[特徴]
離乳食や牛乳では不足しがちな鉄・カルシウム・DHAなどの栄養素をバランスよく配合。
新たにビオチンを配合し、従来品よりもカルシウムやDHAの配合量が強化。

【雪印メグミルク】 たっち

【雪印メグミルク】 たっち

[対象年齢] 満9ヶ月〜3歳頃
[内容量(大缶)] 830g
[特徴]
タンパク質・脂質成分をはじめ、発育に大切なDHAやオリゴ糖・ビタミン・ミネラルを適切に配合。
離乳時に不足しがちな鉄も鉄風味を抑えて飲みやすく配合。

【森永】 チルミル

【森永】 チルミル

[対象年齢] 1歳〜3歳頃(9ヶ月頃からでも可)
[内容量(大缶)] 800g
[特徴]
日本初ビフィズス菌入りフォローアップミルクで、生きた2種類のビフィズス菌入り。
鉄・カルシウム・DHAを強化する他、18種類のビタミンとミネラルも配合。

【明治】 ステップ

【明治】 ステップ

[対象年齢] 1歳〜3歳頃
[内容量(大缶)] 800g
[特徴] 鉄分・ビタミンC・カルシウム・ビタミンDなどの不足しがちな栄養をサポート。
発育に大切なDHA、腸内のビフィズス菌に届くフラクトオリゴ糖も配合。

全部で6メーカーのフォローアップミルクを紹介しましたが、どれも鉄分・DHA・カルシウム・ビタミンなど必要な栄養はしっかり入っていますし、内容量や価格も大体同じぐらいなので迷ってしまいますね💦
どれにしようか決めきれない人は、ひとまず「近くのドラッグストアでいつでも手に入る」とか、味が変わると飲んでくれないお子さんもいるみたいなので「育児用ミルクと同じメーカー」などの理由で決めても良さそうです。


フォローアップミルクは必ずしも飲ませる必要はなく、あくまでもわたし個人の考えです。
今後の検診やゆいPの体重の増え方、離乳食の進み具合によっても飲ませる必要があるのか育児用ミルクに戻した方がいいのかなど決めていきたいと思います。

ページの先頭へ