キーワード検索

ホーム 体験談 アトピー性皮膚炎から卵白アレルギーになった話

アトピー性皮膚炎から卵白アレルギーになった話

アトピー性皮膚炎から卵白アレルギーになった話

こんにちは☺️
最近は寒くなり買い物もネットスーパーを利用しているのでほとんど外出していません💦
そのためエアコン・空気清浄機・加湿器・フル稼働で、この冬はいつもにも増して電気代の請求が怖いゆいママです。

さて今回は、以前ゆいPのアトピーに関することを書きましたが、最近血液検査を再度行ったのでその経過を書きたいと思います。

以前書いたのはこちら

以前行ったアレルギー検査と血液検査から卵白にアレルギーがあることがわかっていたため、離乳食では卵白はあげず卵黄を一日おきに0.5gずつ増やしていくように言われていました。
大丈夫と言われつつも最初の頃は少量でもドキドキしていましたが、今は12.5g(全体の7割程度)まで食べています!!
定期的に皮膚科は受診していますが特に問題なく、塗り薬とアレルギーが出たときのための飲み薬ももらっていますがほとんど使うことはないので、卵黄はこのまま問題なく食べることができそうです😌

再度血液検査をすることに

以前の検査から半年近く経ったので数値も落ち着いているかもしれないという点と、今後保育園に行くのにアレルギーがある場合は主治医の診断書が必要になることもあり、肌の状態も落ち着いているタイミングで再度血液検査をしました。

気になる結果は以前と変わらず6段階中の2段階目のクラス2で、むしろ数値的には少し高くなっているのに加えて卵黄に対してもアレルギーが出てしまいました💦

前回の数値 今回の数値
卵白: 1.0(クラス2)
卵黄: 0.24(アレルギーなし)
卵白: 3.47(クラス2)
卵黄: 0.83(クラス2)

ただ、加熱した際の卵黄に対してはアレルギー反応が出なかったので、今後もゆで卵であげて問題ないとのことでした。
また、前回の検査で2362pg/mlだったTARC(ターク)値は今回の検査では1581pg/mlと少し下がっていましたが、小児(生後6〜12ヶ月)のTARC基準値は1367pg/ml未満なのでゆいPはまだ高い数値だそうです😢

検査入院することに

皮膚科の先生の見立てでは数値的にはそこまでではないとのことでしたが、念のため検査入院して病院で卵白を食べさせてみることになりました。

わたし自身今まで蕁麻疹が出たことがないこともあり、もしアレルギーが出たとしてもどのタイミングで薬を飲ませればいいのかなど、わからない点も多く不安ではあったので安心しました💦

入院当日

当日は受付後、一応入院ということもあり念の為PCR検査を受けました。
ただ、このPCR検査が鼻から綿棒を押し込むのでとにかく痛く、朝早くから外に連れ出されたのに加えていきなり綿棒を入れられ、ゆいPのご機嫌は最低最悪です😭(笑
病院中に響き渡るような大声で泣き続け、看護師さんたちも色々なおもちゃを持ってきて泣き止ませようと頑張ってくれました😂

落ち着いた後はすぐに血圧・体温。脈拍などを測り、いざ実食!!!
最初は0.5gの卵白を食べて1時間様子を見ることになりました。

特にアレルギー反応出ず

1時間経って特にアレルギーなどは出なかったので、次は2gの卵白を食べて様子を見ることになりました。
。。。が、そのタイミングで朝の不機嫌モードが復活してしまい、泣き続けるわスプーンを払いのけるわでまったく食べてくれず、結局しばらく自宅で0.5gを食べさせて様子を見たり慣らすということでその日はすぐ退院になりました😓

翌日の様子

翌日は赤いポツポツが全身に出ましたが、特に痒がっている感じもなかったので保湿クリームだけ塗って様子を見ました。
先生からは本人が掻きむしることがあれば内服薬を飲ませるよう言われていますが、今でも赤いポツポツは出るもののひどくはなさそうなので薬は飲ませないで様子を見ています。


今回の検査入院はとにかく大変でした😂
時間を逆算してご飯を食べさせたり、お昼寝の時間の確保やゆいPが好きなおもちゃの準備やら、検査中はわたし自身お手洗いにも行けずご飯も食べられずでぐったりでした😩
そんな中でもゆいPのご機嫌を取ってくれた看護師さんや先生方にはとにかく感謝です!!

今後も毎月受診し経過を見ていくことになっているので、また大きな変化あればここに書こうと思います。

ゆいPが大きくなったら卵が食べられるようになるといいなぁ♡

ページの先頭へ