キーワード検索

ホーム グッズ ベビー用品をスッキリ整理整頓!ゆいP専用ベビーワゴンのご紹介

ベビー用品をスッキリ整理整頓!ゆいP専用ベビーワゴンのご紹介

ベビー用品をスッキリ整理整頓!ゆいP専用ベビーワゴンのご紹介

こんにちは☺️
ゆいPの泣き声が大きすぎて、ご近所迷惑になっていないかヒヤヒヤしているゆいママです。

今日はゆいPのよく使う日用品を収納しているベビーワゴンについて紹介したいと思います。
SNSなどで多くの方がアップしているのを参考に出産前から準備していましたが、実際使っていくうちに置くものが変わってきたので、これから準備する方の参考になれば嬉しいです。

使用ワゴンはIKEA

わたしが使用しているワゴンはIKEAのRÅSHULT(ロースフルト)で、もともとはメイク道具等を収納するのに使っていたのですが、出産を機にベビーワゴンとして使うことにしました。
3段あるので使う頻度によって収納を分けられますし、キャスターが付いているので移動も楽です。

【IKEA】 RÅSHULT(ロースフルト)

【IKEA】 RÅSHULT(ロースフルト)

[サイズ] 約L38xW28xH65cm
[材料] スチール、エポキシ/ポリエステル粉体塗装

ちなみに、同じIKEAでもうひと回り大きいサイズのワゴンとしてRÅSKOG(ロースコグ)もあります。
カラー展開が白と黒しかないRÅSHULTとは違ってRÅSKOGは5カラー用意されているので、よりたくさん収納したい方やお部屋のカラーに合わせたい方はこちらもオススメです。

【IKEA】 RÅSKOG(ロースコグ)

【IKEA】 RÅSKOG(ロースコグ)

[サイズ] 約L35xW45xH78cm
[材料] スチール、エポキシ/ポリエステル粉体塗装

また、IKEAだけでなくニトリ・カインズ・楽天の各ショップなどでも似たようなワゴンはあるので、自宅のスペースやインテリアなどに合わせて検討してみてください。

上段はよく使う小物類

上段はパッと見て何があるかわかりやすいですし、必要なときにすぐ取れるように綿棒・爪切り・ガーゼといったよく使う小物類を収納しています。

  • 綿棒
  • 爪切り
  • ガーゼ
  • 防水シート
  • ミトン
  • 靴下
  • ワセリン
  • 体温計
  • 室温計・湿度計
  • ベビーローション
  • ベビーパウダー
  • ウェットティッシュ
  • 脱脂綿

室温計・湿度計については、服装や寝具をかける目安にしたいときにすぐ確認できるように上段側面に付けてあります。

わたしの場合は室温計・湿度計しか付けていませんが、ロースフルトはマグネットが付くので同じように頻繁に確認するものを設置したり、あとはマグネットフックや収納ケースなどを組み合わせればさらに収納力をあげることもできると思います。

中段・下段は衣類

中段・下段はどちらも衣類を収納していて、中段はミルクの吐き戻しやうんちの漏れなどで着替えることが多いので肌着を収納しています。
出産後しばらくはオムツとお尻ふきを置いていたのですが、特にオムツの消費ペースが早くて補充が大変なので、現在はお尻ふきと合わせて別のところに収納しています。

下段はタオルを常備していましたが、すぐに汚して洗濯にまわしてしまうので補充の手間を考え、着替え用のロンパースやおくるみを収納するように変えました。

ミルクの吐き戻しも日に日に少なくなっていますし、おしっこの回数も大きくなるに連れて減っていくらしいので、いずれはまたオムツやお尻ふきを収納するのに戻りそうですが、現在はこの組み合わせが非常に使いやすいです。


ベビーワゴンは、様々なベビー用品をスッキリ収納できてパッと見て何があるかわかるので非常に便利ですし、必要なものを1箇所にまとめることで何より時短になります。

ベビーワゴンの購入・準備を考えているパパママはぜひ参考にしてみてください。

ページの先頭へ