キーワード検索

ホーム グッズ しゃっくりや吐き戻しも解決!?使ってみた哺乳瓶レビュー

しゃっくりや吐き戻しも解決!?使ってみた哺乳瓶レビュー

しゃっくりや吐き戻しも解決!?使ってみた哺乳瓶レビュー

こんにちは☺️
ゆいPの吐き戻しが授乳の度にあり、1日に何回も着替えているゆいママです。

今回は使用している哺乳瓶について紹介したいと思います。
ゆいPと同じように何度も吐き戻したり、授乳後になかなかゲップしてくれなくて悩んでいる方は参考にしてみてください。

初めての哺乳瓶は、価格も安く病院で使い慣れていたこともあり、新生児から使用できるPigeonのスリムタイプを選びました。

【Pigeon】 スリムタイプ 哺乳びん(プラスチック製・シリコーンゴム製乳首付) 200ml

【Pigeon】 スリムタイプ 哺乳びん(プラスチック製・シリコーンゴム製乳首付) 200ml

[容量] 200ml
[付属の乳首] シリコーンゴム製・Sサイズ(丸穴)
[消毒方法] 煮沸:○ レンジ:○ 薬液:○
[材料の種類] フード・キャップ:ポリプロピレン(PP)、乳首:合成ゴム(シリコーンゴム)、びん:ポリプロピレン(PP)

ただ、使っているうちに気になることも出てきました。

ゆいPは哺乳瓶を咥える際に唇を中に巻き込んでしまうようで、空気でお腹がいっぱい(空気をたくさん飲み込んでいるみたい)になってミルクをたくさん飲めないせいか、授乳時間も長くかかっていました。
また、ミルク後に毎回しゃっくりをしていたり、ゲップも何度もさせないとすごく苦しそうでした。

助産師さんには成長すれば解消するとは言われていたのですが、わたしは今すぐ解消させてあげたかったので、いろいろ調べた結果、次はドクターベッタの哺乳瓶を試してみることにしました。

【ドクターベッタ】 ドクターベッタ哺乳びん ジュエル S1-240ml

【ドクターベッタ】 ドクターベッタ哺乳びん ジュエル S1-240ml

[容量] 240ml
[サイズ] 約219/52/52mm
[重さ] 約64.2g
[乳首] 丸穴
[材質] ボトル:PPSU、キャップフード:ポリプロピレン、乳首:シリコーン

1番の理由は空気の飲み込みを減らすことでしたが、他にも赤ちゃんがミルクをスムーズに飲めるなどの特徴もあったのでドクターベッタを選びました。

ドクターベッタにしてからは、乳首を咥えたときの隙間もなくなって空気を飲み込んでしまう量も減ったためか、飲み終わったあと毎回出ていたしゃっくりはほぼ出なくなりました。
また、吐き戻しについても劇的な改善とまでは言えませんが、どちらかと言えばPigeonを使っていたときよりも減った印象でした。

ただ、またしても問題が。。。

ドクターベッタは傾けるだけでミルクが出てくるのですが、ゆいPの場合は飲み込むスピードが遅いせいか、飲んでいるときに苦しそうにしたりむせてしまうことがほとんどでした。

そこで、次は乳首を変えてみることにしました。

ドクターベッタにもともと付属されていたのはPigeonと同様の丸穴タイプでしたが、それをクロスカットタイプにしてみました。

【ドクターベッタ】 ドクターベッタ哺乳びん ジュエル S1-240ml

【ドクターベッタ】 ドクターベッタ哺乳びん ブレイン替乳首・2個セット(クロスカット)

[サイズ] 37/37/42mm
[タイプ] クロスカット
[材質] シリコーンゴム

クロスカットタイプは、しっかり咀嚼しないと飲めないので一気飲みを防止することができるタイプの乳首です。
丸穴タイプに比べて吸うのは少し大変そうですが、クロスカットタイプに変えてからは苦しそうにしたりむせてしまうことはなくなり、しゃっくりをする頻度もさらに減りました。

ドクターベッタ哺乳瓶×クロスカットタイプ乳首の組み合わせを使い始めてから気になっていたこともかなり改善されましたし、しばらくはこの組み合わせでミルクをたくさん飲んでもらおうと思います。


わたしの場合は哺乳瓶から変えてみましたが、乳首を変えるだけでも改善される場合も多いと感じたので、授乳時について悩んでいる方はまず違うタイプの乳首も試してみるのもオススメです。

柔らかさや大きさなど種類も多く、月齢によっても変わってくるので、赤ちゃんにピッタリの哺乳瓶と乳首を見つけてあげてください。

ページの先頭へ